FC2ブログ

    26日分 カシオペア紀行3泊4日 東日本周遊

    久々設定の上越・羽越経由のカシオペア紀行です。

    "カシオペア"紀行は団体ツアーですが、今回は乗車のみのプランも設定されたのが特徴です。

    202103261.jpg

    9011レ EF64 1030+EF81 80+E26系"カシオペア" 東日本周遊カシオペア紀行 2021.3.26 五日町~浦佐間にて

    通過15分ほど前から雨脚が強まり、背景の山はすっかり見えなくなってしまいました(汗)

    気を取り直して羽越線へ。

    ちなみにEF64ですが、長岡ではなく新津で切り離されたそうです。

    202103262.jpg

    9011レ EF81 80+E26系 東日本周遊カシオペア紀行 2021.3.26 村上~間島間にて

    202103263.jpg

    9011レ EF81 80+E26系 東日本周遊カシオペア紀行 2021.3.26 今川~越後寒川間にて

    長時間停車が設けられている鶴岡駅へ。

    202103265.jpg

    9011レ EF81 80+E26系 東日本周遊カシオペア紀行 2021.3.26 鶴岡にて

    202103267.jpg

    EF510 513と。

    "カシオペア"定期運行時代、同機は田端運転所の所属でこのE26系を牽引したことがあるため、「再会」が果たされた形です。

    動画



    お会いした皆様、お疲れさまでした。





    スポンサーサイト



    22日分 キヤE195系 上沼垂工臨

    ダイヤ改正後、本格的に運用を開始したレール運搬用気動車 キヤE195系が早くも新潟地区でのレール運搬に充当されました。

    20210322.jpg

    工9733D キヤE195系1000番台ST-17編成+ST-16編成 上沼垂工臨 2021.3.22 新津にて

    充当されたのは尾久車両センター所属の定尺レール運搬用が2編成。

    202103222.jpg

    同・後追い

    着駅は上沼垂信号場となっており、そこから卸場所までレールを運ぶものと思われます。

    202103224.jpg

    上沼垂側のST-17編成(キヤE195 1117・キヤE195 1017)。

    202103225.jpg

    搭載レールは50N×25mが44本となっています。

    202103226.jpg

    後ろ側のST-16編成(キヤE195 1116・キヤE195 1016)。 202103227.jpg

    こちらも同じく50N×25m×44本。

    202103223.jpg

    GV-E400系との並び。

    動画



    レール輸送の形態も大きく変わろうとしていることを改めて認識できました。





    14日分 キヤE193系 米坂線検測

    今日は米坂線に"East-iD"が来るとの情報をキャッチしたため出動。

    まずは送り込み回送。

    2021031404.jpg

    回9823D キヤE193系"East-iD" 米坂線検測送り込み回送 2021.3.14 金塚~中条間にて

    待機中に貨物も撮影。

    2021031403.jpg

    EF510 19牽引 4060レ 2021.3.12 中条~金塚間にて

    続いて米坂線内。

    だんだん春めいてきたとはいえ、まだまだ沿線にはたくさんの雪が残っていました。

    2021031405.jpg

    試9126D キヤE193系"East-iD" 米坂線検測定 2021.3.14 羽前沼沢~手ノ子間にて

    復路

    2021031406.jpg

    試9127D キヤE193系"East-iD" 米坂線検測 2021.3.14 伊佐領~羽前松岡間にて

    動画はこちら



    今年の年明けからの大雪もあって、この近辺の雪解けはまだまだ先になりそうです。





    12日分 3月13日ダイヤ改正前日

    明日からE4系の16両の運用は東京~越後湯沢間までとなる為、16連のE4系の撮影をメインに行いました。

    202103121.jpg

    302C E4系P13編成+P11編成 MAXとき302号 2021.3.12 新潟~燕三条間にて

    個人的に気に入っている西区板井にある"みどりの森と運動公園"付近のエリアですが、看板と絡めののは初めてです。

    "茶豆ふれあいライン"とはこの下の道路 西蒲原広域農道5号線の愛称。この辺りは黒崎茶豆の産地となっています。

    202103122.jpg

    朝陽を浴びる16連。

    折り返しのMAXとき305号は中央区で。

    202103123.jpg

    305C E4系P11編成+P13編成 MAXとき305号 2021.3.12 新潟~燕三条間にて

    202103124.jpg

    新潟市のビル群に迎えられて、終点の新潟駅へと滑り込みます。

    小一時間ほど新潟駅で停車した後、新潟新幹線車両センターへ回送されます。

    202103126.jpg

    回305C E4系P11編成+P13編成 回送 2021.3.12 新潟~新潟新幹線車両センター間にて

    大きいRを描くカーブを曲がっていく姿は上野~大宮間を彷彿とさせます。

    この後、C57 180が津川折り返しの本線試運転を行っているとの情報をキャッチしたため津川まで。

    202103128.jpg

    試単9226レ C57 180+DE10 1700 本線試運転 2021.3.12 三川~津川間にて

    2021031210.jpg

    門鉄デフ+スノープラウの姿は、かなり重厚感を感じさせます。

    C57の試運転動画はこちら



    この時期にC57の試運転を見ると、春が来たとという実感が出てきます。

    夕方の16連 MAXとき332号は県庁舎の展望台から。

    202103129.jpg

    332C E4系P13編成+P11編成 MAXとき332号 2021.3.12 新潟~~燕三条間にて

    私的に撮りたかった画が撮れたのでヨシとします。

    E4系の動画はコチラ



    夜はこの改正で運行が終了となる、らくらくトレイン村上のラストランを見に行ってきました。

    2021031211.jpg

    3947M・3950M E653系1000番台U104編成 らくらくトレイン村上・快速 新潟行き 2021.3.12 村上にて

    列車の性格上仕方ない部分もあるのかもしれませんが、ラストランでも乗車率は高いとは言い難いものがありました。

    2021031213.jpg

    2021031212.jpg

    折り返しの新潟行き快速列車もこの通り空席が目立っています。

    しかし、「ラストラン」は本来こういうのが理想と言えるのではないでしょうか・・・

    動画はこちら



    このダイヤ改正前日でバタバタ走り回る性格はなかなか治らないものです・・・(汗



    9日分 E257系2500番台NC-34編成 AT出場配給

    2年間続いたE257系の"踊り子"用リニューアルもこのNC-34編成の出場を以って終了です。

    202103091.jpg

    配9842レ EF81 134牽引 E257系2500番台NC-34編成AT出場配給 2021.3.9 坂町にて

    202103092.jpg

    2019年3月にNA-09編成が出場してから丸2年で"踊り子"用のE257系が出そろいました。

    また、湘南ライナーに変わって設定される特急"湘南"にも充当される予定です。

    202103093.jpg

    白い車体と青いラインが明るい伊豆の海を彷彿とさせます。

    動画



    ダイヤ改正まであと4日・・・ この辺りは特段激しい動きがないので、イマイチ実感が沸きません(汗





    7日分 E4系16両運用

    ダイヤ改正まで1週間を切り、E4系の16連を越後湯沢以北で見られる機会はあと僅かとなりました。

    202103071.jpg

    302C E4系P82編成+P81編成 MAXとき302号 2021.3.7 燕三条にて

    202103072.jpg

    長野乗り入れ対応のP81・P82編成がやってきました。このMAXとき302号はダイヤ改正後、とき302号としてE7系に置き換えられます。

    動画はこちら。



    夕方のMAXとき332号も同様にE7系に。

    202103073.jpg

    332C E4系P13編成+P20編成 MAXとき332号 2021.3.7 新潟にて

    202103074.jpg

    この愛嬌のある連結面も簡単には見れなくなってしまうのは寂しいものです。





    4日分 現美新幹線解体作業

    昨年末で運転を終了した現美新幹線。 新幹線総合車両センターへ送られることもなく、新潟の地での解体が始まりました。

    202103042.jpg

    E3系700番台R19編成"現美新幹線" 解体作業 2021.3.4 新潟新幹線車両センターにて

    202103041.jpg

    重機が嚙みついてる車両は、14号車 E328 702。普通自由席で、写真家の石川直樹氏が撮影した写真が飾られている車両でした。

    手前の留置車両は13号車 E329 702。カフェカーとキッズスペースを備えた車両です。

    202103044.jpg

    私が作業の観察を始めてから20分も経たずにこの通り、床と台車を残すのみとなってしまいました。

    202103045.jpg

    このペースだと、6両すべての解体が完了するのにはそれほどの時間は要さないと思われます。

    動画はコチラ



    鉄道車両の解体を見るのは初めてですが、意外とあっけなくて正直驚いてます・・・(汗



    3日分 EF65 1115 AT出場配給

    令和3年3月3日の3並びの夜、田端のEF65 1115が秋田総合車両センターを出場しました。

    202103033.jpg

    配8844レ EF81 81牽引 EF65 1115 AT出場配給 2021.3.3 坂町にて

    エスコートは同じ田端のEF81 81。

    こういった機関車同士の編成が見られるのも後僅かでしょうか・・・

    202103032.jpg

    配8844レ EF81 81牽引 EF65 1115 AT出場配給 2021.3.3 坂町にて(後追い)

    202103031.jpg

    EF65 1115は田端に所属するEF65で唯一、スノープラウが装着されていません。

    動画



    春めいてはきたものの、まだ気温が安定しないので体調管理は万全に・・・





    プロフィール

    あがきた太

    Author:あがきた太
    新潟県の下越地方出身で、3年ほど栃木県で生活ののち新潟へ帰還した出戻り人間

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Twitter
    スポンサードリンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR